アラフィフ女性の老後ためのメディア・Muguet(ミュゲ) » 老後をエンジョイするために読んでおきたい書籍

老後をエンジョイするために読んでおきたい書籍

大石佳能子さん

著書:DESIGN MY 100 YEARS 100のチャートで見る人生100年時代、「幸せな老後」を自分でデザインするためのデータブック

大石佳能子

医療機関事業に関する開業・経営支援、病院コンサルティングの他、在宅医療支援など様々な業務上のサポートを行なう、株式会社メディヴァ代表の大石佳能子さん。

著書の『人生100年時代、「幸せな老後」を自分でデザインするためのデータブック』では、これからの高齢者が最期まで自分らしくあるためのヒントが詰まっています。

大石佳能子さんの
インタビューを読む

竹川美奈子さん

著書:50歳から始める! 老後のお金の不安がなくなる本

竹川美奈子

まさにミュゲ世代の女性のためのお金の本を出版されている竹川さん。

50歳からで間に合うの?何ができるの?そんな風に考えている女性の「今絶対やるべきこと」「やるといいこと」がしっかりとまとまっています。

竹川美奈子さんの
インタビューを読む

鏡久美子さん

著書:「新たな人生をひらく」「新たな人生をひらく2」

鏡久美子

リンパ療法学院を運営するWCSグループのCEOであり、ご自身もリンパ療法士として活躍する鏡久美子さん。 生徒さんたちの学びや活躍をまとめた「新たな人生をひらく」「新たな人生をひらく2」を出版しています。

自分はこのままでいいのかと悩む女性、定年後第2の人生を楽しもうとする女性…さまざまな女性たちのスタートや過程を見てきた鏡さんに、女性の生きがいについて聞いてみました。

鏡久美子さんの
インタビューを読む

岸本葉子さん

岸本葉子公式サイトキャプチャ
引用元:岸本葉子公式サイト http://kishimotoyoko.jp/

1985年に「クリスタルはきらいよ」でデビューしたエッセイスト。2000年代に入ってから、「40代からはつらつと生きるために」「がんから始まる」など、自身のがん体験を元にした作品を多数出版。

2010年に入ると、「人生後半、はじめまして」「続々・ちょっと早めの老い支度」など、50歳以降の女性の生き方をつづる作品が増える。

ゆとりを持ち、「ほどよい暮らし」を楽しむ姿は、女性たちの参考になるはず。

岸本葉子さんの
書籍紹介を読む