観劇・スポーツ観戦

スポーツ観戦が趣味という
女性の声

スポーツ観戦Dさん

神宮球場・デイゲーム専門で
楽しんでます

定年後、神宮外苑あたりの散歩を日課にしていたところ、球場からブラスバンドのいい音が聞こえました。

六大学野球で、外野席は女性無料というのにつられ、ふらふらと誘い込まれてしまいました。天気がよく、空いていて、野球そのものというよりも、球場の気持ち良さなどトータルの爽快感にハマり、平日のお昼に行くことが趣味になりました。

今ではSwallows CREW(ヤクルト有料会員)で割引価格でチケットを買っています。難点は冬は寒いことですね…。

国立競技場も新しくなったので、ぜひオリンピックやサッカーも行きたいです。

Profile
Dさん62歳。千駄ヶ谷に住むこと30年。60歳にして、はじめて神宮球場に足を運んでハマる。

観劇やスポーツ観戦の
素敵なところ

観劇イメージ

観劇には、バレエやダンス、ミュージカル、歌舞伎など、さまざまなジャンルがあります。大人の趣味としてオススメしたい、観劇の素敵なところについてご紹介します!

非日常を楽しめる

観劇の一番の魅力は、上演される演目の世界にどっぷりつかって、非日常を楽しめること。また、普段訪れないホールや演劇場を訪れることで、日常の喧騒とは離れたエレガントな雰囲気にひたることもできます。

演者との一体感が楽しめる

演劇はただじっと座って観ているだけのものではありません。演目やジャンルによっては、音楽に合わせて手拍子をしたり、掛け声をかけたり、一緒に歌ったりすることもできます。ひとりで家でDVDなどを観るよりも、まわりの人と一緒に盛り上がることでよりその演目を楽しむことができますよ。

観劇のちょっと困ったところ

さまざまなジャンルがあって誰もが楽しめる一方、演劇にはデメリットもあります。最初にデメリットについても知っておいて、それをカバーする行動をとれるよう工夫しましょう。

チケット代が高い

演劇はチケット代が高いものが多いです。スポーツは外野席などであれば、かなりお手頃。以下に各ジャンルのチケット料金の最安値をご紹介します。

  • 劇団四季:3,000円(C席)
  • 歌舞伎:4,000円(銀座歌舞伎座/3階B席)
  • バレエ:約8,000円(英国ロイヤルバレエ団)
  • 能:5,500円(鎌倉能舞台)
  • 宝塚:2,500円(宝塚大劇場/新人公演/B席)
  • 野球:約1,500円(外野席)
  • サッカー:約2,500円(ビジターシート/自由席)
  • 有名な団体や会場の場合はチケットが高額になりますが、地域のイベントや駆け出しの団体の公演なら、非常にチケットが安く購入できる場合もあります。好みのジャンルがある方は、公演情報をこまめにチェックすることで、価格を抑えることも可能です。

    チケットが取りづらい

    人気の演目や団体はチケットが非常にとりづらく、ファンクラブ等に入会していないとチケットが取れなかったり、早朝から並んだりしなければならない場合もあります。 そのようなチケット獲得の苦労まで楽しめるようになると、れっきとした観劇ファン!なんて意見も(笑)。

    あなたのお好みは?
    観劇いろいろ

    アラフォー世代におすすめの観劇をご紹介します!

    宝塚

    熱狂的なファンも多い宝塚。アラフォー以上の世代のファン、二世代・三世代で楽しむご家庭も多く、ファン同士のコミュニケーションも楽しめます。人気のタカラジェンヌが出演する演目はなかなかチケットが取れませんが、その死線を潜り抜けて本人を目の当たりにした時の感動もひとしおです。

    歌舞伎

    高価なイメージのある歌舞伎ですが、「一幕見席」という割安な席を利用すれば、リーズナブルに楽しむことができます。歌舞伎の演目はもちろん、会場で頂くお弁当やオリジナルグッズの購入も楽しみのひとつです。人気の公演には、テレビでも活躍する有名俳優が登場します。

    バレエ

    自身がバレエを習っていたという方に特にオススメです。プロの演技を目の当たりにし、その華麗でダイナミックな技を堪能しましょう。最近ではバレエ初心者でも楽しめる、お笑い要素を含んだ演目も人気があります。

    その他の老後におすすめの
    趣味を見る