おすすめの「老後の手に職」

アラフィフの今からでも大丈夫!
「老後の手に職」ガイド

高収入&資格取得が楽

時給1,000〜8,000

健康・美容系資格の中でも、資格取得が容易で、かつ力がなくても働け、さらに独立すれば自分のペースで稼げるのが魅力。

仕事が生きがいのMさんプロフィール写真

定年後にスクールに通い、69歳の今では2つのサロンを経営しています。力も使わない、長く続けられる、体のことがわかるようになるので、自分で自分のことをケアできるようになる…というのが良いところです。(Mさん・69歳)

勝手がわかっているので◎

給料元の給料による

再雇用イメージ

高齢化社会が進み、また今の高齢者が元気はつらつなこともあり、継続雇用制度が活性化しています。

再雇用制度と勤務延長制度という2つのタイプがありますが、自分のスタイルで決めるのがおすすめ。その制度がなく、また今の仕事は続けたくない!という場合、50代であれば転職するのもひとつの手かもしれません。

再雇用制度Iさんプロフィール写真

定年後もフルで働くというのは避けたかったのですが、お金の心配もあったので、平日は週4日、9時~16時で勤務しています。定年前よりもしがらみから解放されて、楽に働けています。(Iさん・62歳)

地域住民のサポートをしたい人へ

時給700〜900

シルバー人材イメージ

住んでいる地域で困っている人の援助を行う組織。お金を稼ぐというよりも、地域活動への参加がメインとなっています。

シルバー人材センターでは事務・植木の剪定・清掃作業など、ファミサポでは子育ての支援が主な仕事となっており、老後の空いた時間を有効に活用できることで人気です。

宝くじと夢を売る仕事
座ってできるのが◎

時給900〜1,100

宝くじ売り場イメージ

駅前やショッピング施設内にある宝くじ売り場での勤務となり、冷暖房完備で比較的環境がよい職場となっています。狭い空間でも大丈夫という方は選択肢に入れてもいいのでは。

残業はほとんどなく、勤務時間帯は座りっぱなしなのでシニア層に人気ですが、お金を扱う仕事なので責任感は必要です。

週2・3日から住み込みまで

時給900〜1,000

保養所イメージ

マンション管理人は通勤・住み込みと選べますが、保養所管理人はほとんどが夫婦住み込みでの募集となっています。

仕事内容はそれほど難しいものではないので、条件さえ合えば比較的働きやすい職場のひとつと言えます。

資格がなくても始めやすい

時給900〜1,100

学童保育イメージ

学童保育のスタッフは、施設で過ごす子どもと遊んだり、学習のサポートをするのが主な仕事となります。学童保育のスタッフは若い人からシニアまで幅広く、それぞれが役割分担をしながら子どもを見守っているのが特徴。子どもが好きな人、体力がある人に向いています。

保育施設での保育士のサポート

時給900〜1,200

グランドシッターイメージ

保育園や幼稚園といった施設で保育士のサポートをするのが仕事です。グランドシッターという名称は民間資格となっていますが、基本的に無資格でも働くことができます。

保育の現場はさらなる人手不足が懸念されているため、子ども好きで健康的に働けるシニアへのニーズはますます高まっています。

長年の主婦経験も活かせる

時給900〜1,100

食生活アドバイザーイメージ

健康志向で人にすすめることが好きな人にぴったり。家族を支えてきた長年の料理経験を活かしながらの資格取得は、難易度もやさしめで気軽にはじめられます。

福祉や介護の施設でバランスのとれた食事を提案するほか、お惣菜や試食販売などの身近な仕事でも知識を活かせます。

多業種からの引き合いあり

時給1,100〜2,000

登録販売者イメージ

薬店やドラッグストアで市販薬の販売ができる資格です。最近ではスーパーやコンビニ、ホームセンターの医薬品コーナーなど、販売業界全体で人手不足が続いていて、需要が高い職業です。

資格を持っているだけで重宝されるため、スタート給与から優遇されやすく、アルバイトの場合もほかの無資格の人より有利になります。

エンディングのサポート

時給1,000〜1,500

終活アドバイザーイメージ

人生の締めくくりに向けて準備したい人のサポートを行う仕事です。老後に寝たきりになった際の生活や資産の管理、亡くなったあとの葬儀やお墓、遺産相続など、学びながら自分自身のエンディングも準備できると人気です。

冠婚葬祭を運営する葬儀社、金融や保険のアドバイザー、行政書士事務所など、さまざまな分野でニーズの高い職業です。

PCスキルはデータ入力のみ

時給1,000〜1,400

介護事務イメージ

介護給付費の明細書を作成するのがメイン業務。データを入力するだけなので高いパソコンスキルが要らないため、オフィスワークがはじめての方も問題ありません。

安定した職業のため定着率が高く、定年後に介護士から転向する人も多い傾向にあります。

自宅で独立開業も目指せる

時給1,000〜1,400

行政書士イメージ

官公署に提出する書類の作成や代理手続きなどのオフィスワークが中心です。自宅を事務所として登録するだけで開業できるので、資金不要で独立できます。

まずは資格の要らない一般事務として行政書士事務所に入り、資格取得を目指しながら働いて経験を積むのもおすすめです。

行政から民間まで活躍ステージは多数

時給900〜1,200

社会福祉士イメージ

福祉サービスを必要とする障がい者や子供たち、女性や高齢者など、困っている人の話を聞いて相談に乗るのが仕事です。お金を稼ぐよりも仕事にやりがいを求めたい方に向いています。

人から相談を持ちかけられたりアドバイスを求められたりしやすい、聞き上手な方に向いている仕事です。

その他にもある!老後におすすめの「手に職」

「手に職」には他にもたくさんあるので、老後だから少ないというわけではありません。幅広く自分に合ったかたちで「手に職」を持つことができます。

老後の生活を充実させるだけではなく生きがいを手に入れられる「手に職」を探しましょう。

ハウスキーパー

ハウスキーパーの仕事は一般的な家庭の家事と同じ内容です。主婦はもちろん一人暮らしで家事の経験がある方なら、ハウスキーパー未経験の方でも問題なく働けます。

資格を取る必要もないため、いつからでも始めることはできますが、栄養士や管理栄養士をはじめとする調理師などの資格はもちろん、整理収納アドバイザーの資格も保有していれば、仕事に対し有効であり、優遇してもらえる可能性もあるでしょう。

ハウスキーパーの詳細をチェック>>

清掃

オフィスや店舗の清掃を主に行い、人と接することがないため黙々と仕事を進めることができます。オフィスや商業施設であれば比較的キレイな状態であることも多く、エレベーターから休憩室、更衣室まで設備が整った環境で仕事ができます。

精神的にも身体的にも少ない負担で働くことができるでしょう。また仕事は単純に掃除をするという内容なので、しっかりキレイにする作業ができるのなら未経験でも問題ありません。

清掃の詳細をチェック>>

デパ地下

デパ地下でレジやお惣菜屋のスタッフとして勤務することができます。年齢を問わず、長時間立っているのが難しくないなら誰でも働くことができる仕事です。レジやお惣菜屋の仕事では接客時間も短く、コンビニよりも客層が良いのも特徴です。

またデパートは社員食堂もあり、更衣室や休憩室などの設備が整っているのも大きな魅力。営業時間も20時までの店舗が多いため、深夜になることもなく生活のサイクルを乱すことなく働けるでしょう。

デパ地下の詳細をチェック>>

日本語教師

近年日本へ来る数が増加している外国人や留学生ですが、一方で日本語教師の数は足りていません。そのためシニア層への需要も高くなっていますが、日本語教師として働くためには条件にクリアする必要があります。

民間が主催している日本語教師養成コースなどを利用すれば、講習を決められた時間受けることで日本語教師としての条件を満たすことができますが、受講にはお金も必要なので注意しましょう。

日本語教師の詳細をチェック>>

クリーニング師

クリーニング屋や洗濯工場などでクリーニング作業を行う仕事です。クリーニング師になるためには資格取得が必要ですが、合格率が比較的高いためシニア層でも取得しやすい特徴があります。残業も少なめなので、生活リズムを崩したくないシニアの方には働きやすい環境でしょう。

資格を取得している場合は勤務先で異なりますが、場合によっては資格手当などもあります。仕事内容は資格を取得していれば特に難しくありませんが、体力のある方、細かく丁寧な作業が得意な方に向いています。

クリーニング師の詳細をチェック>>

在宅ワーク

在宅ワークは無資格でも始められる仕事で、パソコンとパソコンの知識があればいつでも気軽に働くことができます。自宅で好きな時間に作業ができるので、外出や人間関係が苦手な方には働きやすい環境が確保できます。

シニアならではの経験や、前職に関する資格なども重宝されるため、シニア層へのニーズも徐々に高まっています。納期が守れて仕事の内容に責任が持てる方、スケジュール管理もできパソコン作業が苦痛にならない方に向いています。

在宅ワークの詳細をチェック>>

タクシー運転手

タクシー運転手は運転免許証を取得して3年以上経過している方なら、第二種運転免許を取得することで未経験の方でも挑戦できる職種です。一日中ほぼ車内で過ごすため、快適な環境で働くことができます。女性でも条件をクリアしていればなれるのはもちろん、シニア層でも未経験からでも挑戦することが可能です。

人とのコミュニケーションは頻繁ではありませんが、お客様に対する接客は必要です。また長時間車内にいるので車や運転が好きな方、地図や地理が得意な方に向いています。

タクシー運転手の詳細をチェック>>

警備員

一般的な警備員の仕事の多くは、建設現場や道路工事現場での交通誘導や、特定の施設を巡回する業務になります。募集されている警備員の年齢制限はほとんどないため、若い方からシニア層まで幅広い方に人気の職業です。

残業も少なめであり、無資格でも未経験でも研修があるので問題ありません。土日祝日や深夜の勤務が必要となる場合もありますが、土日祝日でも働ける方や体力ある方、人とのコミュニケーションに抵抗がない方に向いています。

警備員の詳細をチェック>>

調理師

調理師の仕事は、調理はもちろん仕込みや盛り付けの他に、片付けや皿洗い、掃除なども行います。調理師の資格がなくても料理の仕事に就くことは可能ですが、「調理師」として働く場合は国家試験に合格する必要があります。正社員での募集もありますが、パート・アルバイトの募集も多いです。

また料理の経験や調理に関する多少のスキルは必要となるので、包丁の扱いに慣れている方が向いている仕事です。シニア層の場合は体力も必要なので、ハードな働き方でも問題ない方に適した職業です。

調理師の詳細をチェック>>

整理収納アドバイザー

ハウスキーピング協会が主催している整理収納アドバイザーは、家事代行の仕事で重視される片付けのプロフェッショナル。家事代行会社で働くだけでなく、個人で開業してセミナーを開くことも可能です。

自分の生活に役立てたい方や、履歴書でアピールしたい方は準1級まで無試験で取得するのが良いでしょう。仕事として専門的に取り組みたい方は1、級を取得することで「整理収納アドバイザー」を名乗ることが可能です。

整理収納アドバイザーの詳細をチェック>>

簿記検定

簿記検定は経理業務をするためには必須の知識があることを証明する資格です。貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書など、決算に欠かせない重要な書類を作成するためには簿記の知識が欠かせません。

経理は会社ごとにルールが違い、簡単に替えもきかないので会社に定着しやすい職業ですが、基礎知識がない状態で未経験からスタートすることが厳しい職種です。簿記検定を持っていることで、経理の基礎知識をある程度持っているというアピールができるので、経理系の就職成功率を高められます

簿記検定の詳細をチェック>>

宅地建物取引士

宅地建物取引士は不動産に関する独占業務を持つ資格で、不動産業界はもちろん、建築業界や金融業界などからも重宝されています。

試験の合格率は15%前後と厳しい数字ですが、その反面資格取得者の待遇は良いのが特徴。シニア層の求人も多く存在するため、老後を踏まえて今頑張っておきたい方には向いている資格と言えます。

宅地建物取引士の詳細をチェック>>

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護職を始める方が最初に取得する資格です。講習のみで資格取得が可能ですので、介護職に初めて取り組みたい方が気軽に最初の一歩を踏み出せます。

介護職は少子高齢化の影響で人員不足になったことで待遇が改善されつつあります。経験を積んで介護職員初任者研修の上位資格が取得できればより良い待遇で働くことが可能です。

介護職員初任者研修の詳細をチェック>>

セラピスト

セラピストは、マッサージやアロマ、心理カウンセリングなど、様々な方法で人を癒す専門家です。方法が多岐にわたるため、どの分野のセラピストとして仕事をしたいかという方向性を事前に決める必要があるでしょう。

また、実績を積んだり国家資格を取得したりすることで独立開業に踏み切る方が多いのもこの職業の特徴です。資格や実績によって収入が大きく変わる可能性のある職業ともいえるでしょう。

セラピストの詳細をチェック>>

ネイリスト

ネイリストは、爪のケアを行う「ネイルケア」と爪に装飾を施す「ネイルアート」の2つを主に行う仕事です。美容系全般に言えますが、未経験・資格なしでは求人は非常に少なく、入り口に立つためにはまず資格を取得することが第一歩となることが多いです。

人に提供するための技術としても需要がありますが、自分の爪に対してもより高度な施術ができるようになるため、より良く人生を楽しみたい方にもおすすめの仕事です。

ネイリストの詳細をチェック>>

通訳案内士

通訳案内士は、外国人に付き添って案内する仕事です。日本への旅行客は年々増加傾向にあり、それに伴ってガイドとして通訳をする人の需要も高まってきています。

合格率は10~20%前後と難しくはありますが、習得した外国語の種類とニーズ次第では高い収入を得ることも可能です。また、受験する方は主に今までの経験を活かしたいとのことで、やりがいを重視する方も多いようです。

>通訳案内士の詳細をチェック>>

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、不動産などの金融資産の運用から家計の資金計画、相続に至るまで、お金に関わることの専門家です。保険の外交員からコンサルタント、ライターなど多くの職種で資格取得する人が多いのが特徴です。

資格取得者は独立して開業している方も多い印象ですが、ファイナンシャルプランナーのみでの独立というよりは、保険会社の代理店など他にも本業があり、それを補強する意味合いで取得していることが多いようです

ファイナンシャルプランナーの詳細をチェック>>

老後に「手に職」が合った方がいい理由

老後のイメージ

今は老後といっても元気に動けるシニアが多く、「まだまだ働きたい!」「生涯現役!」と思っている人も少なくありません。今後はとくに年金制度も不安定になると予想されますし、稼ぐ手段を持っておくに越したことはないでしょう。

仕事を選ばなければシニアでもさまざまな求人がありますが、せっかく働くのであれば自分の好きなこと・得意なことを活かして働きたいもの。そんなとき手に職があると、グンと働き方が豊かになります。

身につけたスキルは一生もの!

老後でも長く続けられるようなスキルを身につけておけば、年齢を気にせず働くことが可能。

職によっては、老後からでも技術や知識を学ぶことは十分にできますし、仕事が安定することで生活にもゆとりが持てるようになります。

もちろん、スキルがなくても働けるような、気軽な職も続ければ充分「手に職」です。

稼げる手段があることで精神的に安定する

手に職があれば経済的に安定できるケースが多くなるため、年金制度や貯蓄などに頼りきりにならずに済みます。

また、外部で働くにしても手に職があれば就職できる可能性が高まりますし、面接時のアピールも自分に自信をもってできるようになります。また、仕事を続けることは健康面にも好影響です。

手に職次第で開業だって可能

「働く=会社などへ勤務」というイメージが強いかもしれませんが、手に職があれば独立して開業することも可能。いわゆる自営業です。

自営業であれば定年はありませんし、自分の決めた自由なスタイルで働くことできます。年齢を問わず働ける職業を見つけておき、必要なスキルや知識を学んでおくと良いかもしれませんね。