シルバー人材センター・ファミサポ

シルバー人材センターとは、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」に基づいて市区町村ごとに設置されている公益法人。60歳以上の健康的な方で、勤労意欲のある方であれば登録可能です。ファミサポとはファミリーサポートセンターの略称で、子育てを手伝ってもらいたい方と子育てを手伝いたい方の互助援助活動組織。無償ではなく、有償ボランティアとなります。

シルバー人材センター・
ファミサポの給料相場

  • シルバー人材センター:月10日ほどの勤務で3~5万円
  • ファミサポ時給相場:700~900円
シルバー人材イメージ

シルバー人材センター・ファミサポともに、利用者からの依頼がなければ仕事も給料も発生しません。安定した収入を得るのにはあまり向かない職場ですが、シルバー人材センターで月に10日前後働いた場合の月収は3~5万円ほど。家事手伝い・事務作業・植木の剪定など、仕事内容によって単価は異なります。ファミサポの報酬は市区町村によって異なりますが、1時間あたりの子育て援助で700~900円が一般的。企業が運営しているベビーシッターなどに比べると、かなり安価となります。

なぜシルバー人材センター・
ファミサポが
「老後の手に職」として
おすすめなのか

シルバー人材センターが働き手として募集しているのは、「退職後や老後でも何らかの仕事を続け、社会とのつながりを希望する」人。地域への参加が目的となるため、地元周辺での仕事が中心となります。仕事の分野は、草刈り・施設清掃・包装といった屋内外軽作業、家庭内の掃除や介護の補助といった福祉・家事サービス、障子の貼り換えや植木の手入れといった技能を活かした仕事まで多種多様。これまでに培ったスキルを活かせるため、老後の仕事として注目されています。

一方、ファミサポは育児経験を活かせるのが特徴です。仕事内容は保育園への送迎、保育園や学校が終わった後の子どもの預かりなど。老後の空いた時間を有効に活用でき、子育て世代から喜ばれる仕事として人気を集めています。

シルバー人材センター・
ファミサポで
働くにはどうしたらいい?

シルバー人材センターに登録するには、住んでいる市区町村のセンターが行っている説明会に参加し、入会手続きをすることが第一。そこで登録した内容と依頼がマッチすると、仕事が紹介されるというシステムです。ファミサポで子育てのサポートをしたい方は、まず援助会員としてセンターに登録します。特別な資格は必要ありませんが、育児に関する研修会などに参加することもできます。

シルバー人材センター・
ファミサポが向いている人

シルバー人材センターが向いているのは、健康で働く意欲がある人、地域に貢献したい人、センターの趣旨に賛同できる人となります。ただしシルバー人材センターの仕事には就業日数の保障がないため、安定した収入を求めている方には向きません。金銭的にある程度のゆとりがあり、依頼があるときだけ気軽に仕事をしたいといったタイプに向いているでしょう。

ファミサポでの仕事に向いているのは、相互援助活動に理解がある人、子どもが好きな人、責任感がある人、自宅で子どもを預かれる人となります。子育て経験がある方は、それを活かせる仕事となりますが、自分の子育て論を押しつけたりせず、現代の子育てに合わせたサポートをできるタイプが適しています。

「仕事」というには、収入が不安定で少ないので、あくまでお小遣い稼ぎ程度でいい人にしかおすすめできません。もう少し安定した収入を得たい、という方は、他の仕事も見てみてください。

今から見つかる!
老後の「手に職」ガイド