ペットと暮らす

ペットが生きがいという
女性の声

ペット大好きTさんプロフィール写真

うちのわんこが世界一!

2年前に飼い始めたわんこにメロメロです。寝てるときに顔を踏まれたりすることもありますが、それすらかわいい!

親ばかとはこういうことか…と。散歩に出ているので、健康的にもなったような気がします。今まではそんなことを考えたこともなかったのに、「この子のためにも健康で長生きしないと」と思うようになりました。

写真がガラケーなので微妙なのですが、これを機にあんなに嫌っていたスマホにも変えようかと思っています(笑)。

Profile
Tさん63歳、おひとりさま。ペットショップで見つけたわんこに一目惚れし、その場で必要なもの一式とともに買って帰る。本人曰く「運命の出会い」だとか。

老後におすすめのペット

老後に飼うのにオススメのペットを調査しました!

ペットイメージ写真

  • 猫は散歩の必要がないので、体力に自信がない方でも飼いやすいペットです。
  • 小型犬
    大きな犬だと散歩中引っ張られて転倒する可能性もあります。小型犬なら、抱っこや散歩も負担が軽くすみます。
  • ハムスター
    室内で飼うことができ、寿命は約3年と短めなので、飼い主の死後にペットを残したくない人にオススメです。
  • 小鳥
    かごの中で飼うことができ、気軽にかわいいさえずりや、手に乗せて触れ合いを楽しめます。
  • 金魚
    美しい金魚は、見ているだけで心をリラックスさせてくれます。他のペットに比べ、飼育の手間があまりかかりません。

ペットと暮らすことは
こんなに素晴らしい

ペットがもたらしてくれる一番大きなメリットは、「癒し」です。老後にはさまざまな不安や悩みが出てきますが、かわいいペットが飼い主の心を癒してくれるでしょう。

また、餌やりや散歩をすることで生活にリズムが生まれ、運動不足の解消にもなります。他にもペットを通じて仲間が増えたり、認知症予防にもなったりするとも言われています。

ペットと暮らす大変さ

ペットはかわいいだけではありません。生き物なので、食事や散歩、トイレなど、毎日欠かせないお世話がたくさんあります。また、旅行に行きづらくなってしまいますし、もちろんお金もかかります。

さらに最近では「ペットロス」という、ペットを失ったことでうつ状態になってしまう人も増えています。ペットを飼う前に、このような大変さについてもよく考えておきましょう。

残されるかもしれない
子たちのためにできること

老後にペットを飼うということは、自分がペットより先に動けなくなったり、死んでしまったりする可能性もあります。残されたペットのためにできることをご紹介します。

犬のための訪問ケアを活用

犬も高齢化して介護が必要になったら、人と同じように、犬のための訪問ケアを利用できます。犬だけでなく飼い主もサポートしてもらえます。

NPO法人に頼んでおく

飼い主の死後にペットを引き取る活動を行っている、NPO法人などの団体があります。生前にこのような団体を調べ、ペットの今後をお願いしておきましょう。

ペット可の老人ホームを探す

老人ホームには、ペットと一緒に入居できる施設があります。2019年現在、その数は約200部屋と、意外と多くの施設がペット入居を受け入れています。

その他の生きがいを見る

どうせなら老後に稼げる趣味を
見つけたいという
あなたにはこちら