生涯できる仕事を続ける

仕事が生きがいという
女性の声

仕事が生きがいのMさんプロフィール写真

生きがいでもあり趣味でもあり

リンパ療法士として、お店をやりつつ、人に教えることもしています。自宅近くに構えたサロンで教えることもありますし、銀座のスクール(リンパ療法学院)に出向いて教えることも。

忙しい仕事をやっと定年になったのに、また忙しくしていて(笑)、でも、充実した毎日です。銀座まで出かける用があるというのも、なんだか背筋がしゃんとしますし。

仕事していないと早々にボケてしまいそうですし、仕事が趣味の一部にもなっているので、自分ではいい生活だと思いますよ。

Profile
Mさん69歳。証券会社でバリバリ働き、定年後にリンパ療法士の世界へ。69歳にして、2つ目のサロンを出し、日々研鑽に励む。

Mさんのインタビューはこちら

仕事が生きがいのiさんプロフィール写真

人生の後半はよい時間が
「かくれんぼ」

塾を始めて40余年になりました。

青春時代の恋と夢が終わり、郷里に帰って、さてどうしたものかと…ただ考えすぎるタイプではないようで、人生の時間の配分・一日の時代の配分・プライベートな時間・オフィシャルな仕事の時間…「時間の使い方はいのちの使い方(渡辺和子シスター)」を自分でアレンジしたり決定したりできるこの仕事は性に合っていました。

結婚、子育て、離婚、再婚、両親と義両親の介護サポートと見送りなど生活の基本をかなり丁寧に通すことができ、なおかつ、学ぶことが如何に大切なことであるのかを塾の子供たちの若い力に教え導かれ、今なお導かれていることは、なにものにも変えがたい「運命の贈り物」だと愉しむようになりました。

時間とともに言葉や行為のニュアンスが違ってきて、自分の心の奥や他者の心の奥を深く推察できることを知るのは、やはり50をこえてからなのですね。 人生の後半はよい時間が「かくれんぼ」して待っています。

Profile
Iさん66歳。学生時代の学習支援ボランティアから数えますと50年近くを子どもを教えることに邁進している。

仕事を生きがいにするって
どんなことが素晴らしい?

オフィス街イメージ

「仕事が生きがい」と言うと、「もっと趣味も楽しんだら?」と言われてしまうこともあるかもしれません。マイナビの調査によると、仕事を生きがいと感じている社会人は約2割。つまり、仕事を生きがいと感じられる人は、天職に巡り合えたとってもラッキーな人なんです! ここでは仕事を生きがいにするメリットをご紹介します。

生活にハリが出る

趣味と違って、取引先や相手がいる仕事では、スケジュールや体調の調整が必要です。毎日に適度な緊張感が生まれ、生活にハリが出ます。

ボケ防止になる

仕事をしている時は頭がフル回転しています。さらに、通勤でウォーキングなどの適度な運動が必要です。しっかり脳や体を使っておくことで、ボケ防止にも役立ちます。

お金がもらえる

仕事の最も大きなメリットは、労働の対価としてお金がもらえることでしょう。これから先、病気やケガなど、何が起こるかわかりません。使えるお金はできるだけ多い方が安心ですね。

世の中についていくことができる

技術は日々進化しています。仕事をして世の中や若い人と接点を持っておくことで、最新テクノロジーなどの新しい情報を手にすることができます。

今から「一生続けられる仕事」を探せる?

「仕事を生きがいにすると言っても、今から一生続けられる仕事を見つけることなんてできるの?」と思ってしまうかもしれません。実は、リタイア世代の女性のスキルを活かせる仕事は結構あるんです!

家事代行

主婦としてのスキルが活かせるのが家事代行です。共働き家庭が増えていることから、今家事代行のニーズは増えています。今まではお金にならなかった家事が、お金を稼ぐ仕事になるのが嬉しいですね。

日本語教師

語学として日本語に興味がある人には、外国人に日本語を教える日本語教師がオススメです。資格を取得したり講座を受けたりと、日本語教師になるには意外とハードルが高いですが、その分教師に職に就けた時は大きな達成感があります。

当サイトでは、その他にも今から始めて70歳…やる気があればそれ以上も続けられる仕事を紹介していますので、ぜひ!

今から見つかる!手に職ガイド