シニア向けマンションの特徴やメリット

シニア向けマンションとは

日本社会の高齢化が進む中、シニア向けマンションと呼ばれる物件も増加傾向にあります。

シニア向けマンションはその名の通り65歳以上の高齢者を対象としたマンションです。高齢者が住みやすい環境や設備が一つひとつの住戸に備えられているのが特徴で、通常の住宅としての機能はもちろん、中には温泉やフィットネスジム、レストランなど、贅沢な設備を備えているものも。

フロントにはコンシェルジュが常駐しており、高齢者の生活をサポートしてくれるサービスが数多く用意されています。

シニア向けマンションとサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)の違い

シニア向けマンションとは、シニア世代が生活しやすいようサービスや設備が充実している分譲マンションのこと。賃貸で物件を借りるだけのサ高住とは違い、シニア向けマンションを購入後は自分の資産となり、配偶者や子供に相続することも可能です。

シニア向けマンションで提供されるサービスに法令上の規定はなく、高齢者が安心して暮らせるサービスが整えられているところが一般的。ほとんどの施設では「フロントサービス」や「コンシェルジュサービス」、「見守りサービス」、「居室の清掃サービス」といった独自サービスを用意しており、入居者の生活をサポートしてくれます。

このような手厚いサービスがある一方で、デメリットもあります。シニア向けマンションとしての市場はまだそれほど大きくないため、売却する際もなかなか買い手がつかないというのが現状です。

一方サ高住は賃貸のため、退去する際にも次の入居者を探す必要はありません。購入のため長期のローンを組むこともなく、入居の際にそれほど費用を要しない点では、サ高住に軍配が上がるでしょう。

シニア向けマンション(分譲)のサービスと設備

医療・介護サービスは外部を利用

シニア向けマンションは「60歳以上」などの入居要件を設け、高齢者の生活をサポートするサービスを提供していますが、法律上は一般的な分譲マンションと同じ位置付けです。そのため介護・医療サービスを提供するための人員配置や設備基準もありません。

入居後にもし介護が必要な状態になったら外部の事業者と連絡をとり、訪問介護などの介護サービスを利用することに。この性質上、要介護度が重くなった場合はそのまま住み続けられなくなる可能性もでてきます。

物件ごとに異なる設備

医療や介護サービスについては外部の事業者へ依頼するという物件も多いですが、日々の健康管理をサポートしてくれたり、介護スタッフや看護師が常駐していたり、緊急時に適切な対応を取れるようにしている物件も増えています。

物件ごとに様々な設備が揃えられており、バリアフリーであることはもちろん、キッチンやトイレ、浴室などを完備し、1LDK〜3LDKといった広めの間取りになっている物件も多く、夫婦での入居が可能なところも。

さらに温泉施設や大浴場、各種クリニックや調剤薬局などのテナント、食堂、理美容室、フィットネスエリア、プール、カラオケルーム、図書室といった娯楽設備を備えている物件もあります。

シニア向けマンションにかかる費用

入居にあたってはサ高住のように月々の家賃を支払うのではなく、住宅ローンを利用してマンションを購入することになるため、初期費用はかなり高額になります。中には1億円以上という物件もあるほどです。

シニア向けマンションには月々の生活費も必要になります。管理費や水道光熱費、修繕の積立金、サービスの利用料といった費用が上乗せされ、月額数十万円になるケースも。また介護が必要になった場合は介護サービス代も加味する必要がでてきます。

介護サービスについては「介護保険」が適用となるため、いくらか自己負担を抑えられますが、月々の維持費は膨らむでしょう。

シニア向けマンションに入居するメリット

サービスが充実している

シニア向けマンションにはコンシェルジュが24時間体制で常駐している物件も。入居者の安否確認や送迎、食事サービスなど、入居者の暮らしを支える様々なサービスに対応しています。高齢者が暮らしやすい環境、安全性が確保されている以外は、普段の生活とほとんど変わらないでしょう。

また同じマンションには自分と似た意識を持っているシニア世代が多く住んでいる可能性が高いため、プールやカラオケ、フィットネスなどの娯楽設備で元気なシニアライフを楽しみながら、一緒に過ごせる友達を見つけることもできるでしょう。

相続もできる

シニア向けマンションを購入することは、そのまま住宅資産を得るという意味になります。自分にもしものことがあっても、住宅資産として配偶者や子どもに相続できる点はメリットといえるでしょう。

ただ、充実したサービス・設備を備えるシニア向けマンションは、通常の分譲マンションよりも購入価格は高額になるほか、月々の管理費などの維持費に加え、固定資産税の支払い義務も生じます。

そうした金銭的な問題がクリアできれば、住みやすさ、洗濯・炊事などの家事負担の軽減というメリットの多いシニア向けマンションは、老後の生活をより豊かにしてくれる素敵な住環境といえるでしょう。