50代の貯金額は最低いくら必要?

50代の平均貯金額

2019年に総務省が行った「家計調査」によると、世帯主の年齢が50〜59歳で2人以上の世帯の平均貯金額は1,704万円。この金額には銀行預金だけでなく、「有価証券」や「生命保険」などの金融資産も含まれています。

また金融広報中央委員会が2019年に実施した「家計の金融行動に関する世論調査」によると、50代2人以上世帯の貯金額の中央値は600万円、単身世帯では54万円となっています。

50代が最低限貯めておくべき貯金額は?

これまでどのような生活を送ってきたのか、どのような老後生活を送るのかによって、必要な貯金額は変わります。子どもの有無や住宅ローン、退職金なども関わってくるでしょう。今後かかるお金、もらえるお金はいくらなのかを計算することで最低限必要な貯金額がわかります。

例えば、夫婦と高校生の子どもが1人いる世帯の場合、老後の資金に加え大学の進学費、住宅ローンの残債などのお金が必要に。一方もらえるお金は退職金や年金などでしょうか。支出予定のお金から、今後受け取れるお金を差し引くと、定年までに貯めるべき金額がわかります。

老後に最低限必要な貯金額を計算してみよう

今後もらえるお金がいくらになるのか分からない場合は、自分の退職金や年金を調べておきましょう。その上で老後の生活をイメージし、理想の暮らしをするには月いくら必要なのかを計算します。

現在の貯金額で足りるのか、足りない場合は毎月いくら、何年貯金すれば最低金額を満たせるか、といったことを逆算して考えてみましょう。

これから貯金を始める場合は毎月かかる生活費の見直しも同時に行うことがおすすめです。貯蓄がある程度貯まっている場合は、「iDeCo」や「つみたてNISA」などの利用も検討してみると良いでしょう。

貯蓄を成功させるには「先取り貯金」が基本。収入があった際に一定額を貯蓄用の口座に移し、残ったお金で生活することで計画的な貯蓄が実現できます。

50代から老後のためにできること

50代ともなると、子どもも独立して教育資金が不要になったり、住宅ローンが完済したりといったライフステージによって、毎月の生活にゆとりが出てきます。これまで続けていた支払いが終わったら、ちょっと贅沢を楽しみたい、という気持ちも分かりますが、老後のためにぐっと我慢しその金額をまるまる貯蓄へ回すのも選択肢の一つ。

50代から貯蓄を始めるとなると、定年まであと10余年。定年後に再就職したとしても、収入は減ってしまうのが一般的であり、再就職しない場合、収入は全くありません。老後の資金を貯めるには、50代が最後のチャンス。老後のために、今できることを進めていきましょう。