アラフィフ女性の老後ためのメディア・Muguet(ミュゲ) » おすすめの「老後の手に職」 » オンライン面接でシニア世代が押さえておくべきポイント

オンライン面接でシニア世代が押さえておくべきポイント

オンライン面接とは

応募者が企業へ出向き、対面で行う従来の面接に加え、スマホやタブレット、パソコンなどを使い、動画やリモートで面接を行う「オンライン面接」。企業でも導入するところが増えています。インターネットを介したオンライン面接に不安を抱くシニア世代のために、オンライン面接を受ける前に知っておくべきことをご紹介します。

オンライン面接と対面の面接の違い

ご存知の通り従来の面接は、会社のオフィスや店舗など、指定された場所へ出向いて行われていました。対してオンライン面接はほとんどの場合自宅で行われるため、移動の必要がありません。

当然ながら、面接会場は一般的に初めて訪れる場所で、面接官とも初めての対面になるため、緊張感も高くなりがちです。しかしオンライン面接は自宅で受けられる分リラックスでき、画面越しで面接官と対面するため、緊張しすぎずいつも通りの力を発揮しやすいという利点があります。

またオンライン面接ではネット環境やパソコン、スマホなどのデジタル端末、アプリケーション・ソフトの準備が必要である点も対面での面接と大きく異なります。

オンライン面接のメリット

求職者側のメリット

対面面接の場合、応募先の企業へ出向いて面接を行うため、在職中の人が転職先を探す場合に移動時間がネックとなり、面接時間の調整が難しいことも少なくありません。

一方オンライン面接ではネット環境と静かな場所さえ確保できれば、転職活動をスピーディーに行えます。

企業側のメリット

対面面接では面接場所の確保だけでなく、遠方から面接にやってくる応募者に交通費や宿泊費を支給するケースもあります。オンライン面接の場合そうした手続きは一切不要。コスト削減にもつながります。

またこれまでの方式の場合、決まった時間に複数の応募者の面接を行うためまとまった時間の確保が必要でした。オンライン面接であれば業務の合間に一人ずつ面接時間を設けることが可能。よりスピーディーに採用活動ができます。

オンライン面接では地方に住む多くの求職者との接触も容易に。そのため国内外問わず、優秀な人材の確保に役立ちます。

オンライン面接の準備

パソコンやスマホ、カメラ・マイクなどの準備

オンライン面接には、パソコンやスマートフォン、タブレットなどのデジタル端末が必要です。企業によって使用するツールも異なるため、端末のスペックや動作環境を確認する必要があります。端末にカメラ・マイク機能がついていない場合は、外付けのWebカメラやイヤホンマイクを用意しましょう。

オンライン面接で使用するツールチェック

面接に指定されているアプリケーションは必ず事前にインストールし、起動できるかを確認します。プロフィール写真や待ち受け画面は面接担当者に見られてしまうため、プライベートな写真ではなくフォーマルな印象の写真を設定します。

ネットワーク環境を安定させる

オンライン面接でパソコンを使用する場合は、安定した速度を保つため有線回線での接続をおすすめします。スマートフォンなどのモバイル端末を使いWi-Fi環境で接続する場合は、他の機器と干渉すると速度が下がる場合もあるため、モバイル回線への切り替えも考慮しましょう。

室内の明るさをチェック

室内の環境によっては画面に映る際に暗くなる場合があります。日中でも室内の照明をつけたり簡易型の照明をつけたりして、自分の姿が画面に明るく映るよう照明の位置を工夫してみましょう。

PCトラブルに備える

オンライン面接ではネットワークや端末の不具合で、突然接続が切れてしまうことも。事前に面接担当者の連絡先を聞いておき、トラブルが生じたときにも慌てずに連絡できるよう備えることが大切です。

他の音や背景を確認する

オンライン面接を自宅で行う場合雑音が入らない個室を選び、背景の映り込みも十分チェックした上で、面接に最適な環境を整えましょう。家族がいる場合は、面接の時間を前もって知らせておく、面接中に誤って入室されないようドアの前に「面接中」の張り紙をしておくといった対策をお勧めします。

応募書類、メモを準備する

履歴書や職務経歴書を応募先に提出する場合は、送付する前にコピーを取っておき、オンライン面接の前に何を書いたか見直しましょう。よくある質問と回答をメモし、画面に映り込まないところに用意しておくといった準備もできますね。

リハーサルを行う

オンライン面接の事前準備が整ったら、家族や友人に面接担当者を演じてもらい、リハーサルしてみましょう。リハーサルはネットや端末、カメラ・マイクの調子や機能の確認、画面の映り込みなどをチェックするため、本番と同様のシチュエーションで行うことが肝心です。

オンライン面接での注意点

身だしなみを整える

オンラインとはいえ対面面接の場合と守るべきマナーは変わりません。服装はリクルートスーツやオフィスカジュアルといった服装で臨み、挨拶や言葉遣いにも気をつけましょう。

表情や声のトーンに気を配る

オンライン面接では、相手に自分の声が伝わりにくいケースがあります。面接では大きな声ではっきりと話すことを心がけ、声のトーンや表情にも気を配りましょう。

画面を見ながら話してしまうと、相手には目線が合っていないように映り、面接に集中できていない印象を与えます。相手に向かって話す際はカメラのレンズを見るようにすると良いです。

相手を見下ろしたり画面が揺れたりしないよう、カメラは固定し、高さにも気をつけましょう。