免許返納後の移動手段と受けられる特典

免許返納するべき?移動手段はどうする?

高齢で反射神経が鈍ってきたことなどを理由に、免許返納を検討している方も多いのではないでしょうか。最近は、高齢ドライバーによる事故が大きく取り上げられるようになりました。「もし自分が事故を起こしたら…」という不安がある一方で、免許返納で移動手段がなくなることを心配する方も多いでしょう。

ここでは、車以外の移動手段と、免許を返納することで、どのようなメリットがあるのかという点について解説します。

免許返納後の移動手段

電車やバス

免許返納後の足としては、公共交通機関を活用するのが一般的です。自家用車とは異なり、渋滞につかまることもなく、発車時刻や到着時刻が決まっていることで、スケジュールを組みやすくなるメリットがあります。車での移動より歩く距離が増えることで、健康維持にも役立てられます。

車を所有していると車検や修理代、保険などの維持費のほか、駐車場代、ガソリン代などさまざまな費用がかかりますが、公共交通機関は乗車賃だけで済むため、老後の資金の節約にもなります。

一方で、時間帯によっては座席を確保できなかったり、天候や体調の悪い時にも駅やバス停などに歩いて移動しなければならなかったり、時間通りに到着しなかったりといったデメリットもあります。

タクシー

電車やバスと違い、タクシーの場合は、時間に左右されることなく確実に座って移動でき、目的地まで運んでくれるといったメリットがあります。電車やバスのように発着時刻に合わせて、細かいスケジュールを組む必要もありません。気に入ったドライバーがいれば、指名予約も可能です。タクシーは指定した場所まで迎えに来てくれるので、近所への買い物はもちろん、遠方への外出にも役立ちます。

一方で、移動のたびにタクシーを呼ぶ手間があります。公共交通機関に比べ、移動距離が長いほど利用料金も高くなります。「流し」のタクシーがなかなかつかまらないこともあるでしょう。

免許返納で受けられる支援

免許を返納することで、移動手段がなくなるといったことを理由に、自主返納ができずにいる高齢ドライバーは多いでしょう。各自治体では、高齢者の免許の自主返納を促すために、独自の特典を設けています。免許を返納することで、協賛している企業・団体から、さまざまな特典が受けられます。

車の運転ができなくなり、高齢者の移動手段が減る不便さを解消するため、電車やバスなどの公共交通機関の割引や、タクシー、飲食店、商店などで、いろいろな特典が用意されています。

特典については、自治体ごとに異なるため、老後に住む地域でどんな特典が受けられるか、チェックしてみましょう。