老後の暮らしを考える

老後の暮らしをより良いものとするためには、どうすれば良いのか。ここでは、老後のために今できることや、ライフプランの考え方などをまとめています。セカンドライフを充実させるための手引きとしてご活用ください。

終活はいつから始めればいいのか

より良い老後を送るために「終活」が注目されています。活力のある若いうちから始めることで、手間のかかる遺産相続などの手続きもスムーズに。終活を始める年齢やタイミング、終活の進め方などについて解説します。

不動産の整理方法は?

土地や家屋など、不動産の相続は税金の問題や手続きなど、家族に負担になることもあり、なるべくなら生前整理を行いたいもの。不動産を整理する前に必要な準備や整理方法、売却する際のポイントなどを解説します。

認知症になる前にできる予防や相続対策

自分の希望や資産などについて意思表示をしておくことは、家族の負担を減らす意味でもとても大切です。判断能力のあるうちに、できる対策を進めておきましょう。事前に考えてやっておくべきことや、認知症予防について解説します。

免許返納後の移動手段と受けられる特典

高齢ドライバーの起こす事故の報道を見た時に、他人事ではない…と思う方も少なくないはず。免許返納で足がなくなったら、移動手段には何を利用すれば良いのか。公共交通機関やタクシーを利用するメリットやデメリット、各自治体が用意している特典などをご紹介します。

健康寿命を伸ばすには?老後の元気な暮らしのために今できること

老後をアクティブに楽しみながら生きるには、健康寿命を伸ばすことが重要なポイントです。健康を維持するために、食事の見直しや適度な運動、質の良い睡眠など、今できることからはじめてみましょう。

定年後の生活設計をどう考える?

自分ではイメージできているつもりでも、元気なうちは想定外の事態にはなかなか気づけないもの。定年後の生活設計を立てる前に、考えるべきことはたくさんあります。老後の生活を楽しむために夫婦や家族、自分のこと、資金面など、あらゆることを想定して具体的にイメージしてみましょう。

アクティブシニアとして生き生きと活動的な生活を送るには?

年齢に関係なく、さまざまなことに興味を持ち、アグレッシブに活動する「アクティブシニア」。ゆるぎない自己を持っていて、自分の価値観を基準に生活を楽しむといった特徴があります。アクティブシニアとして暮らすための方法などについて解説します。

アクティブシニアタウン「CCRC」とは?

アメリカが発祥の「CCRC」は、高齢者が元気なうちに入居でき、高齢者同士や子供、若者などとの交流も持てる生活共同体です。高齢者の社会活動を支える施設「CCRC」について、老人ホームとの違いや費用についてご紹介します。

65歳定年制が義務化されるのはいつ?

人手不足や少子高齢化などを背景に、法改正も進められ、高齢者が長く働ける体制がとられはじめています。希望する高齢者は65歳まで働き続けられるようになった一方で、雇用形態の変化や給料の減額などのマイナス部分も。65歳定年制の内容や選択肢などについて解説します。

生活不活発病って?原因と予防

定年退職後に外出する理由がなくなり、体を動かしたり、人と接したりする機会が減ることで、生活不活発病になる人は多いようです。生活不活発病を予防するためには、どうすれば良いのか、原因や対策についてご紹介します。

転職を成功させるための情報収集のコツ

転職活動を効率的に進めるには、自分に必要な情報収集がしっかりできているかが鍵となります。これから転職活動を行う方に、情報収集をする際に意識すべきポイントや、集めた情報をどのように活かせば良いのかという点について解説します。

中高年のための職務経歴書の書き方のポイント

転職や再就職の際に、ミドルシニア世代の武器となるのは、豊富な社会経験です。今まで身につけてきたスキルを効果的にアピールすることで、採用の確率もアップします。魅力的な職務経歴書や自己PRの書き方についてまとめました。