50歳からの女性の生き方

50歳は女性にとってどんなタイミング?

かつて人生50年と言われた時代から、令和に入ると人生100年時代とさえ言われるようになり、過去から現代へかけて女性にとっても「50歳」という年齢に対する意識が変わってきています。

50代という数字を見て、ただ歳を取ったと思うのでなく、人生において新しい楽しみ方を始められる良いタイミングだと受け入れられれば、現代女性にとって老後の暮らしを豊かに送れるチャンスが広がっていくでしょう。

人生の二度目のスタート時期

定年退職の年齢が人によっては60歳からという事実を考えると、50歳という年齢はいよいよシニア世代といった雰囲気に思えるかも知れません。しかし、実際は60歳以降も会社に残って働き続けたり、あるいは再雇用制度によって新しく仕事に就いたりといった人は、男性でも女性でも珍しくありません。

また、日進月歩で発展してきた医療の恩恵により、昭和の50歳と比べて令和の50歳では見た目も意識も若々しく変化しています。その上、子供を持っている女性であれば、50歳頃になると子供が成人したり独り立ちしたりする可能性も高まってくるため、より自分のために生きやすくなるとも考えられるでしょう。

そのため、むしろ50歳という年齢は、前向きな女性にとって「新しい人生のスタート」や「第二の人生への転換期」といった風に考えることも可能です。

自分の老後や将来について考えるタイミング

50歳という年齢を境目にして、老後の楽しみ方を考えた時、自分のスキルや財産が不足していれば満足な老後のイメージを描けないかも知れません。そしてだからこそ、老後に向けた準備を始めるタイミングとしても、50歳という年齢は節目になります。

また、現在すでに社会的にそれなりの地位に立っていたり、会社で一定以上の役職に就いていたりする女性にとって、50歳の自分が今後10年間でどのようにキャリアアップやスキルアップをできるのか落ち着いて考えることも大切です。

同じ職場で働き続けるのか、これまでの経験やスキルを活用して新しい環境へチャレンジするのか、それとも早期退職をして全く別の生き方を始めるという選択肢もあるでしょう。

今はまだ自信を持って老後を生きられないと思ってしまう女性であれば、50歳はまだ自分を磨いて一層の成長のきっかけを得るタイミングだと考えて、前向きな生き方を始めるきっかけになります。

すでに自分の生き方へ納得して自信を抱いている人であれば、さらなる高みを目指したり、むしろこれまで犠牲にしてきた大切なものを見つめ直したりといったことも考えられます。

いずれの生き方を選ぶにしても、50歳という自分の現状と、50歳から始められることを、そして自分がこれから始めたいことを総合的に考えた上で、自分らしい老後の実現へと一歩ずつ進んで行くことが大切です。

50代女性にとって一歩を踏み出せない理由

頭では50歳というタイミングが人生の転換期に相応しいと理解していても、実際にはなかなか勇気を出して最初の一歩を踏みだせないという女性も多いでしょう。

そこで、世の中の50代女性がどうして勇気を出せないのか、また50代女性が抱えている悩みが何であるのか、改めて考えることで自分の悩みを解決するヒントを得られるかも知れません。

スキルやキャリアが足りないという悩み

これまでの経歴や資格について自信がなければ、いざ新しいことを始めようとしても不安が強まって、迷ってしまうことも自然です。

2019年にパソナ総合研究所が、日本全国や海外で働いている20~69歳の日本人女性およそ2千人を対象に実施したアンケート調査によると、「自分の現在の仕事内容と、自分が描いていた理想との間にギャップがある」と考えている女性は、50~69歳で約4割に上るということが判明しました。

どのようなギャップがあるのか、具体的な内容は個々人によって変わるでしょうが、50代以降の女性の半数近くが自分のキャリアや働き方について何かしらの不満や不安を抱えているというアンケート結果は重要です。また、「(ギャップがあるかどうか)どちらとも言えない」と回答している女性も含めれば、その割合は全体の73%を超えていました。

当然ながら、女性に限らず、自分の仕事や現状に完全に満足している人はむしろ少ないでしょう。しかし、現状への不満や不安が大きくなって自信喪失を招いてしまうと、新しいチャレンジをして現状を改善するチャンスもつかむことができなくなります。

また、何かやりたいことや夢がある女性ほど、何もできないという現状にストレスを抱えてしまうかも知れません。

大切なことは、自分にないものを考えて自信を失うことでなく、まず現在の自分にあるものを考えて、その活かし方を考えていくことといえます。

参照元:株式会社パソナグループ|パソナ総合研究所 約2,000人の女性に聞いた働く女性自身が考える『女性活躍推進』とはhttps://www.pasonagroup.co.jp/news/index112.html?itemid=2880&dispmid=798

体力面や健康上の悩み

50代前後になると、単純な肉体の老化現象に加えて、特に女性は更年期障害による体調の変化に悩まされることも増えてきます。

自分にできることや自分のやりたいことを意識して、いざ新しいことに挑戦しようと思っても、それを実現する体力や健康状態がなければなかなか勇気もわいてきません。

加齢によって女性ホルモンの分泌量が減ってしまうことは、肉体の正常な生理現象であり、更年期障害や体力・気力の低下は女性なら誰にでも起こりえる問題です。

頑張りたい時に十分な体力がないからといって、自分を否定するのでなく、体力が低下したり精神的に不調を来したりしている時にも、前向きになれるような方法を考えていくことが大切です。

変化を恐れる気持ちと現状への満足感

人が新しいことへ挑戦しにくい理由には、能力やスキルが足りないというだけでなく、むしろこれまで積み上げてきた地位や立場を守るためにこそ変化を恐れるというものもあります。

自分にとって大切なものがあったり、守りたいものがあったりするからこそ、安定志向が強まって挑戦を回避することも人の心理です。

ただし、その安定志向の理由が、本当に自分の能力やスキルが足りないからか、あるいはいっそ自分の過去や成果へ自信を持っているからなのか、落ち着いて考える意識も欠かせません。

「今さら遅い」というあきらめ

20代や30代の女性と自分を比較して、50代になってから何かを始めるなんてもう遅いと考えてしまう人もいます。また、意欲的な30代や40代を見て、自分との違いに劣等感やあきらめを強めてしまう女性もいるでしょう。

現実的に、年齢がネックになって新しく始めることが難しいことはあります。しかし、何かを始めようという意思が年齢によって否定されることはありません。

チャレンジ精神に年齢制限はない

何歳になっても挑戦することの大切さを教えてくれる話として、テレビタレントでありユニセフ親善大使でもある黒柳徹子の「ピアノ」に関する名言が、ネット社会において知られています。

それは黒柳徹子さんがかつて語ったとされている話で、およそ以下のような内容としてまとめられています。

『黒柳さんがピアノを始めた時にはすでに、彼女はそれなりの年齢に達していたそうです。そのため、最初は「今さらピアノを始めても仕方ない」と考えそうになったということでした。しかし黒柳さんは同時に、「今からピアノを始めて、そのまま練習を続けていけば、10年後にはピアノ歴10年になる」と考えたそうです。「ピアノ歴10年」となればもう初心者ではありません。』

もし、50歳の時に全くのピアノ初心者であっても、そのまま続ければ60歳の頃にはピアノが立派な特技になっている――物事を始める上で遅いなんてことはない、という名言は、多くの人々へ勇気や希望を与えているようです。

実際、この名言が本当に黒柳徹子さんの語ったものなのか、それともネット上の噂が一人歩きをしているものなのか、ご本人が明言した証拠は見つかりません。しかし、黒柳徹子さんはファッション誌「VOGUE」のインタビュー記事においても、多くの女性に向けて「他人と自分を比較せず、挑戦を恐れずに自分の生き方を考えることが大切だ」と語っています。また、黒柳徹子さんと親交の深いテレビプロデューサー田川一郎氏のホームページにおいても、黒柳さん本人の言葉として、80歳や90歳になっても舞台に立ち続けるための秘訣が紹介されており、何歳になっても輝きを放つ前向きな姿勢や生き方が、決して少なくない女性へ勇気を与えていることは事実でしょう。

参照元:VOGUE|「黒柳徹子さん、30代、40代をどのように過ごしていましたか?」https://www.vogue.co.jp/celebrity/interview/2018-02-tetsuko-kuroyanagi

参照元:徹子の小さな放送局|好きなことチャンネルhttp://www.inv.co.jp/~tagawa/totto/like.html

50歳から女性が前向きな人生を始める方法

体を動かす習慣をつける

人の体は加齢による老化現象を止められない反面、人の筋肉は運動やトレーニングによって鍛え続ければ何歳になっても成長することが分かっています。また、筋肉が発達していれば、心肺機能も向上して免疫力を高め、病気への抵抗力も向上するでしょう。

実際、行政機関も健康な長寿を実現するための秘訣として、シニア世代の筋力トレーニングや運動習慣の重要性を説いており、健康的な生活をする上で日常的な運動習慣を身につけることはとても重要なポイントです。

人が何かを始める上で、健康な肉体は大切なベースになります。

これまで積極的に運動してこなかった人の場合、急に激しいトレーニングをすることは厳禁です。しかし、無理のない範囲でライフスタイルへ運動を取り入れることで、健康寿命を延ばしつつ、意欲的な日々を送れる自由度が広がります。

参照元:公益財団法人長寿科学振興財団「健康長寿ネット」|高齢者の筋力トレーニングの効果https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/kenkou-zoushin/kinryoku-training.html

自分を見つめ直せる時間を作る

50歳の女性にとって、これまで家族や他人のために費やしてきた時間は相当なものでしょう。夫や子供、親、あるいは友人など、誰かのために自分の時間を使ってあげられる人は、とても優しくて素敵です。しかし、自分らしい生き方を考えて、前向きな人生を実現しようと思えば、まず自分自身を大切にしていなければなりません。

自分を大切にすることは、決して大切な誰かを裏切ることにはなりません。

そのため、普段から自分のために落ち着いて考えられる時間を作ることで、自分が本当にしたいことが何であるのか、そのために50歳から何を始めれば良いのかを発見しやすくなります。

60歳まで10年間のライフプランを考える

現状、仕事をしている女性であれば、50歳から60歳(定年)までの10年間で何ができるのか、何をすべきかなどを改めて考えることも大切です。もちろん、今は仕事をしていない女性であったとしても、自分に何ができるのか、何をしたいのかを考えて具体的なライフプランを立てることも重要です。

ライフプランを考える上で意識すべきポイントは、自分が何をしたいのか漠然としたイメージを持つだけでなく、それを実現するためにどうすれば良いのか、具体的な道筋やスケジュールを考えるという点でしょう。

また、50歳から60歳までのライフプランを考える場合、自分一人の想いだけでなく、家族との関係性や資産管理といった内容についても意識を向けなければなりません。なぜなら、自分の人生を変えることで、パートナーや家族の人生、生活にも少なからず影響を与えるからです。

事前にしっかりと計画を立て、様々なケースを想定しておくことで、50歳から60歳までの期間を冷静に過ごしやすくなる上、60歳になってから改めて老後をどう生きるべきか具体的に見直す助けにもなります。

家庭や職場ではない環境での人間関係を広げる

人生を退屈に感じたり、新しいことへ挑戦することに不安を抱いたりする原因の1つとして、「生活範囲の狭さ」が挙げられることもあります。そして、個人の人間関係はそのまま社会生活の範囲ともいえるでしょう。

同じ環境でずっと暮らしていたり、特定の人とだけ関係性を構築していたりすると、考え方が硬くなって時には思考停止へ陥ってしまいやすくなります。また、自分で考えることを放棄してしまえば、周囲の人間の意見に流されるばかりとなり、例えば安定志向の夫や子供の意見にあらがえなくなってしまうかも知れません。

新しい人と出会うことは、人間関係を広げることに慣れていなければストレスに感じられることもあるでしょう。しかし、少しずつでも自分の世界を広げて、新しいコミュニティや新しい人々との出会いを重ねることで、常に若々しく前向きな精神性を養うことが可能になります。

自分が何をしたいのか具体的に書き出す

10年間のライフプランを考えたり、新しい出会いを重ねたりするだけでなく、自分の毎日をどう過ごしていきたいか具体的に書き出してみることも大切です。

長期的な目標や計画を立てて、そのために必要な環境づくりを進めると同時に、自分が毎日の生活の中で何をして何を叶えたいのか、1つずつ書き出すことで自分の本心を再確認することができます。

書き出す内容は、必ずしも大きなものであるとは限りません。むしろ、日常の些細なことでも構わないので、1つずつ書き出して、それを達成していくことで、自分の生活に満足感を得ながら、行動へ自信を持てるようになります。

50歳の女性にとっての「お金」

夢や目標を追い、それを現実に叶えるために、お金の問題を避けて通ることはできません。

2019年に経済産業省が、「高齢夫婦の老後に約2,900万円が不足する」と試算した際には社会的に大きな話題を呼びましたが、その金額が妥当かどうかはともかく、老後資金の確保について考えるのは早ければ早いほど良いでしょう。

かつて終身雇用制度が成立していた時代は、企業で定年まで勤め上げれば老後は安泰という考えも一般的でした。しかし現代では資産運用や自己管理によって自分の資産や老後資金を守ることが大切だと考えられており、50歳という年齢は、人生のキャッシュフロー(お金の流れ)を見直すタイミングとして重要です。

参照元:日本経済新聞|「老後に2900万円不足」 経産省も別の試算https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46601960W9A620C1EE8000/

50歳の女性にとっての「仕事」

50歳まで働いてきた女性にとって、仕事や働き方はとても大きな人生の一部でしょう。そのため、時には仕事への責任感や愛着が足かせとなって、新しいことへのチャレンジをためらわせてしまうこともあります。

しかし、仕事や経歴にプライドを持っていることは、つまり過去に多くのチャレンジを成功させてきた証でもあります。

今の仕事を続けるのか、転職するのか、女性によって正解や優先度は異なるでしょうが、いずれにしても自分の過去を誇りながら今を見つめて、未来へ向けた計画を立てていくことが大切です。

50歳の女性にとっての「家庭」

50歳を迎える女性の中には、家庭のために自分の心を押さえ込んできたと感じている人も少なくないでしょう。また、家庭を愛しているからこそ、自分よりも家族を優先してしまうことも人情です。

重要なことは、女性が自分を「家庭の一部」にしてしまうのでなく、家庭内でも自立した一人の女性として生きることです。

女性として自立するということは、家庭をないがしろにするということではありません。むしろ、どんな状態にあっても家族の一員として自分で考えて行動する意識を持つということです。

社会人としてだけでなく、家庭内でも一人の女性として自立しておくことで、高齢夫婦で想定される様々なリスクにあらかじめ備えることが可能になります。親の介護、夫の病気、子供の独立など、人生において迎える様々な転換期に対して、自意識と自尊心を持った女性として生きることで、己の本質を見失わずに毎日を暮らせるようになるでしょう。

介護をプロに任せることも愛情

家族のことを考えた時、高齢の親や夫の介護が必要になる場合もあるでしょう。そしてその際、介護士など専門家へ任せるのでなく、家族で面倒を見ることが愛情の証明だと考える人は少なくありません。

しかし、大切なことは要介護の家族が快適に暮らせる環境を作り、そのための環境を家族として守ってあげることです。

そのために、専門家に任せられる部分を任せて、自分にできることを考えて実行することは決して薄情な振る舞いではありません。

50歳の女性にとっての「死生観」

人生100年時代として、50歳は折り返し地点であり、自分の最期を意識し始めるに適した時期でもあります。そのため、50歳をきっかけに人生の終わりに向けて色々な整理を考えても良いでしょう。

人生の終わりを考えて活動することは「終活」とも呼ばれますが、実際に終活を始めるタイミングや内容は人それぞれです。また、終活は死ぬことを意識するのでなく、終わりを意識することで残された時間を大切にすることが本質です。

また、人間が生きている限り思わぬ事故や病気のリスクは常にあり、自分がそのような状態に陥った時にどうすべきか考えておくことは、最期まで自分らしく生きるためにこそ大切なことかも知れません。

50代女性がすべきでないこと

多額の借金

50代に入った女性が新たに多額の借金をすることは、明確に大きなリスクです。50代の女性で仕事も順調な人であれば、資産状況や社会的信用度からローン審査に通りやすくなるかも知れませんが、長期間の返済が必要になるローンは年齢を重ねるごとに負担が大きくなります。特に、定年後にまでローンが残るような場合、貴重な老後資金を目減りさせてしまう可能性もあるので注意しなければなりません。

クレジットカードのリボ払いは借金扱い

クレジットカードの分割払いは、代金の立て替えとして考えられていますが、リボ払いの残金について金融機関は借金と同様に考えます。そのため、リボ払いにも気をつけるようにしてください。

金融商品への安易な出資

老後資金を増やそうと、資産運用を行う女性は少なくありません。しかし、投資は常に儲かる可能性だけでなく損をするリスクもはらんでいます。

特に、不動産投資やFXのレバレッジといった方法には、専門知識と経験が必要とされており、投資初心者がいきなり手を出すべきではありません。

また、投資信託でプロへ出資して運用を任せる場合であっても、「プロなら必ず利益を出してくれる」といった考えは危険です。

お金を積極的に増やしたいという意識は決して悪いものでありません。しかし、あくまでもメリットとデメリットを考えながら、リスクマネジメントを考えるようにしてください。

50歳からのライフプランで重要なポイント

無駄を省きつつお金の流れを管理する

ライフプランを明確化する上で、必要なお金の流れを把握して管理することは欠かせません。

日本人はお金の話に生理的嫌悪感を抱く人もいますが、家庭の生活を安定させて、自分らしい生活を守るためにも、無駄なコストをカットしてキャッシュフローを適正に計算することが重要です。

お金の管理では、目に見えて大きな支出だけでなく、日常的な細かい支出についても意識を向けることが大切です。塵も積もれば山となるように、細かい支出を重ねることで結果的に生活費が圧迫されることもあります。

自分には無理だという思い込みを捨てる

色々なことにチャレンジしてきた人であれば、50歳からのライフプランでも前向きな計画を立てられるかも知れません。しかし、挑戦心や達成感をあまり抱いてこなかった人の場合、何かをする前につい「自分にはできない」とあきらめてしまうこともあるでしょう。

50歳の女性にとって、若者のように「当たって砕けろ」の精神は時にリスキーです。しかし、きちんと己を知り、必要な計画を立てることで、挑戦は無謀でなく目標への途中経過に変わります。

自分らしい生き方を大切にする

母親や妻としての生き方を押しつけられてきた女性は少なくありません。しかし、自分の人生を本当に楽しみながら充実した日々を過ごすには、自分らしさを大切にすることが必須です。

母親や妻である前に、1人の女性であり、また1人の人間であるという意識に誇りを持って、品格を忘れないように努めることも大切なポイントです。オシャレやメイクを楽しんだり、やりたいことに挑戦したり、意欲的に生きることでこそ得られる若々しさもあります。

世界的電機メーカーであるパナソニックの創業者であり、「経営の神様」とも異名された松下幸之助は、座右の銘としてアメリカの詩人、サミュエル・ウルマンの「青春」という詩を大切にしていました。その詩には、青春とは心の若さの象徴であり、たとえ80歳であっても人生を意欲的に生きている人は老けないという内容がしたためられています。

人生の主役は自分であるという事実を忘れないように生きることは、何歳になっても女性として生きるために欠かせません。

50歳の女性が考える仕事について

人生の後半を支える働き方

50歳や50代前半の女性が仕事について考えた時、すでに働いている人であれば定年まで同じ職場で働き続けるべきか、転職すべきかで悩むかも知れません。あるいは、専業主婦として過ごしてきた女性が、将来を考えて手に職をつけたいと考えることもあるでしょう。

自分らしい生き方を人任せにしないためにも、仕事について考えることも必要です。

定年まで働くべきか需要がある間に転職すべきか

一般的には60歳~65歳に定年となる企業が多く、さらに2021年4月に施行された「改正高年齢者雇用安定法」では、70歳まで定年を延長することが努力義務として明示されました。また、場合によっては定年制度を廃止して、働きたい人が何歳になっても働き続けられる環境づくりを進めるようにという方針を示していることもポイントです。

一方、現実的な問題として、50代女性が自分のキャリアを活かして転職を成功させようとすれば、やはり50代前半に転職活動を完了することが望ましいでしょう。なぜなら、女性を受け入れる企業にとっても、定年直前に入社されるより、ある程度の期間を働いてもらいたいと考えるからです。

定年時期が延びたことで働ける期間が長くなったとしても、転職に適した時期にある程度のリミットがあるとなれば、やはり50歳の頃には自分の仕事について真剣に考えることが必要です。

また、キャリアを活かして起業を考える場合においても、自分が健康で精力的に動けるうちにチャレンジすることが前提となります。ただし退職後の起業にはリスクもあります。近年では従業員の副業を認めている会社が増えるなど、リスク管理をしつつ多様な働き方を追求できるチャンスが広がっています。

参照元:NHK|サクサク経済Q&A「どんな働き方をしたいですか?」https://www3.nhk.or.jp/news/special/sakusakukeizai/articles/20210409.html

参照元:厚生労働省|高年齢者雇用安定法の改正~70歳までの就業機会確保~https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/koureisha/topics/tp120903-1_00001.html

定年後も仕事を続けたいと思うなら

改正高年齢者雇用安定法によって、従業員が希望すれば65歳まで雇用を継続することが企業に義務づけられました。これにより、定年まで働きたいと女性が望めば、今の会社で働き続けることが可能です。

ただし、雇用条件や待遇は企業によって異なっており、中には60歳定年で、残り5年間は非正規としての再雇用といったケースもあります。

政府の働き方改革によって、同一労働・同一賃金の原則が制定され、非正規社員でも給与体系を見直されるようになりました。しかし、再雇用の社員ではそもそも業務内容に違いが生じることもあり、現役時代と同様の収入や仕事を与えられない可能性も考えなければなりません。

大切なことは、年齢に関係なく、企業にとって魅力的な人材として活躍できるように50歳の頃からスキルアップを考えることです。

専業主婦としてのブランクをどう考える

50歳まで専業主婦として働いてきて、50代になって子供が自立したために社会へ出るといった女性も珍しくありません。

就職活動において、主婦としての空白期間がデメリットとして働くことはあります。しかし、結婚や出産といった人生の出来事をすでに終えている女性の場合、むしろ若い女性よりも休職・離職の可能性が低いとして、企業からのニーズが高くなるケースもあります。

また、専門的な職業スキルがなかったとしても、50歳の女性が活躍できる場面や職場は数多くあり、上手な就職活動を進めることで思っていた以上に好待遇の仕事へ就けるかも知れません。

50歳の女性が考えるべき人と人の信頼関係

人生後半の夫婦像

長く母親・父親として過ごしてきた夫婦が、子供の自立をきっかけに再び妻・夫という関係に戻ることもあります。

ずっと両親として過ごしてきた夫婦の場合、いきなり男女の愛情だけで結ばれていた頃に戻ることは難しいかも知れませんが、信頼できるパートナーとしてより強固な人間関係の構築を目指すことはできます。

熟年離婚の原因は男女にある

一時期、夫の定年後に妻から離婚を切り出す熟年離婚が大きな話題になりましたが、夫婦の離婚は必ずしも妻から切り出すとは限りません。

これまでお互いの時間を過ごしてきた夫婦が、いきなり長い時間を一緒に過ごすようになると、どうしてもストレスや不満が表に出てしまうこともあります。

夫に対して不満を感じることがあるように、妻に対して不満を感じる夫もいます。もちろん、どうしても許容しがたい事情があれば熟年離婚という選択も1つです。しかし、老後の安定や安心を考えると、夫婦がお互いにコミュニケーションの機会を大切にして、新たな人間関係へステージを高めていくことも重要です。

独身女性にとっては出会いのチャンスもある

熟年離婚や晩婚化によって、50代前後でもシングルでいるという女性は珍しくありません。そして、50代だからといって、女性としての楽しさや喜びを諦める必要もありません。

むしろ、例えば母子家庭として育ててきた子供が成長し、自由な時間を作れるようになったからこそ、新しいパートナーとの出会いを叶えようと活動する独身女性もいます。

独り身でいることが不幸というわけでなく、一人を楽しみながらも、愛する相手と過ごせる時間を楽しむという意識が肝要です。

親離れ・子離れ

現代では友達親子と呼ばれるような関係も増えていますが、いつまでも親が子供を世話していては、子供の自立を遅らせてしまう可能性もあるでしょう。

ことさらに子供を突き放す必要はありませんが、子供もまた一人の大人であり個人として接する態度も大切です。

家庭の外に仲間を作る

子供が巣立ったり、夫が先立ったりした時、一人きりで日々を過ごさずに済むよう地域のコミュニティなどへ参加しておくこともポイントです。

また、人間関係の充実度が認知症リスクや特殊詐欺リスクを下げるという話もあり、健康面でも人と人の信頼関係は大切と言えるでしょう。

50歳から始める「終活」のポイント

思考力や判断力があるうちに

自分の死について考える終活は、どうしても明るい話題だけを考えてばかりではいられません。そしてそのような時、落ち着いて終活を進めるために思考力や判断力が十分にあることが不可欠です。

ある程度、現実の死に距離を置きながらも、自分の最期を真面目に考えられる50歳という時期は、終活を始める上で魅力的なタイミングです。

健康的に生きられる時こそ活動のチャンス

終活を進めていけば、色々と作業や行動が必要になることもあります。そのため、健康な肉体を持っている間に終活を行うことで、老後の負担を軽減できるようになります。

引っ越しや荷物の整理など、体力を要する終活は早めに済ませておくようにしましょう。

終活に合わせたライフプランで余裕のある日々を

自分の最期を意識することで、そのために必要な道筋も見えてきます。そして道筋が見えてくれば、50代以降のライフプランについても具体的な中身が決まってくるでしょう。

先の見えない計画は曖昧なものになりがちです。最初にしっかりと将来を見据えておくことで、明確なプランニングを行い、充実した毎日を余裕ある暮らしで過ごせるようになります。

不幸を受け入れるための終活でなく幸せに生きるための終活を

死を考えて受け入れるということは、自ら死を望むこととは全く異なります。家族が終活を考えていると聞くと、思わず反対してしまう人もいるでしょう。しかし、人間の死は決して避けられないものであり、やがて訪れる最期に誇りと幸せを抱けるよう、あらかじめ自分にとって納得できる終わり方を考えることが大切になるのです。

終活について考える時は、自分のことだけを意識するのでなく、自分にとって大切な人々との関係についても考えていくようにしてください。また、終活をきっかけとして夫婦のコミュニケーションを図ることも1つの夫婦の在り方でしょう。

50代女性の生き方に関するQ&A

ここでは50代の女性にとって気になる事柄とその解決ポイントを、Q&A方式でご紹介します。

50代女性が単身で生きていくことは困難でしょうか?

50代の独身女性であっても、現代は一人で生きていくためのサービスや社会制度が充実しています。ただし、満足な暮らしを安定して送るためには「お金」が重要になることも事実です。

もちろん、日本社会には低所得者でも暮らせるセーフティネットが用意されていますが、自分が希望する生き方を叶えるためには、老後資金を確保したり、手に職をつけたりしておくことが肝心です。

専業主婦としての経験しかありませんが50歳からでも就職できますか?

専業主婦として生きてきた日々は、決して何もしてこなかったということではありません。専門的な職業スキルがなくても、主婦ならではのコミュニケーション能力やムードメーカーとしての性格が役に立つことはあるでしょう。

また、仕事には専門職の経験がなくても働けるものも多く、専業主婦として自宅にいる時間を利用してスキルアップに励むことも可能です。

若い世代と比べ、50代女性は年齢や経験で仕事の幅が制限されることもありますが、むしろ50代女性だからこそ就職しやすい場合もあります。

自分の経験や過去を卑下することなく、今から自分に何ができるのか考えて行動することが大切です。

熟年離婚を考えていますがその後の生活に不安があります

離婚がすでに決定的な話であるならば、離婚後の生活について具体的に考えて備えておくことが必要です。

月々の生活費はもちろん、病気や事故に備えた貯蓄や、自分の能力で稼げる賃金といったお金の流れをトータルで考えておくことで、実際の生活レベルを把握して相応しい行動を取れるようになります。また、どうしてもお金が不足しそうであれば、生活レベルを見直して支出を抑える取り組みも重要です。